最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
最新コメント
プロフィール

ロケ326

Author:ロケ326
ロケみつの感想をつらつら書いております。リンクフリーでございまする。

月別アーカイブ
楽天


気ままな海外旅のおとも
Hotels.com

格安から有名ホテルまで、世界中のホテルが検索できるサイト。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/17 放送分のロケみつ感想^^ヨーロッパ旅3週連続SP第一弾!奇跡の川&スイス突入でした!

10/17放送のロケみつの感想です^^

ゲストはシャンプーハットのお二人。

先週の予告の通り、今週からは桜 稲垣早希ちゃんのヨーロッパ旅が3週に渡って1時間SPと、何ともワクワクな感じ!

3週連続SPの理由として、ロケみつ6年目突入&こんなにスイス旅が面白くなるとは思ってなかったからテンションが上がってしまったとの事ですw

コメント数は2300件オーバーでした。

10/17のロケみつの話の流れ、長文の感想は「続きを読む」にて書いております♪


桜 稲垣早希の目指せ!ポルトガル ヨーロッパ横断ブログ旅 第一夜 スイスで発見!奇跡の川編


シュヴァルの理想宮(オートリーブ)にて午後三時を迎え、まずはトルネードタイムからのスタート。

コメ数は2900件オーバー。ロケみつの早希ちゃん公式ブログにもあるように、最近旅の合間に動画をアップし始めた効果が出たのでは?と大喜び。

なお、動画は謎の早希ちゃん節が炸裂しててウケますwそして…コインは二分の一が出る、とw

資金は431ユーロ(54000円)となり、ひとまず朝から何も食べていない早希ちゃんは食事へ。


ここオートリーブ(ローヌ・アルプ地方)の「名物があれば食べたいな。」と歩いていると、先週登場した陽気なお兄さんがいるお店の前へと戻ってきた。

迷わず決定し店内へ。陽気なお兄さんがいないwでも、他の店員さんも明るくて雰囲気が良い。

とりあえず「スペシャルメニュープリーズ^^」で店員さんも笑顔で承諾。何が出てくるんだろうw


料理内容は聞かずにノリで頼んだスペシャルメニュー登場。

料理が登場し「何これー!初めて見た!」と早希ちゃん。

カイエットと呼ばれる、豚肉のミンチにほうれん草を混ぜて作ったハンバーグのような料理。美味しそう^^13ユーロ(1700円)

そのカイエットの下に敷き詰められているのはラビオリ(肉が混ぜ込んである)のようなパスタ。


ラビエリとはパスタの種類の一つで四角いパスタです。



早希ちゃんが食べた料理は、上記のトマトソースの変わりにカイエットが乗っている感じです。


また店員さんによると、ラビエリのように肉ではなくチーズやパセリが混ぜ込んであるパスタで「ラビオル」という、カイエット同様フランス南東部の名物だそうです。

ラビエリの一種なのかもしれません。


ラビオルをナイフで切ると、中から綺麗なチーズ&パセリが出てきて美味しそうでした。


カイエットを食べた感想は「メッチャ美味しい!味濃いめで、スパムのレバーバージョンみたい。」との事です。

良い例えっぽいけど、僕はスパムとか言われてもあまり良くイメージ湧きませんでしたがw


ラビオルも美味しいようで、ラビオルとカイエットを一緒に食べると「ラビオルの中のチーズと、お肉(カイエット)が混ざるから、もっと濃厚になります。これホンマに美味しい。」


大満足でお店を後にする早希ちゃん(午後5時)。「ポンポポンポンポーン^^」とお腹いっぱいポンポコリンです的謎発言しつつ、オートリーブ→ジュネーブ直行が不可のため、まずは一度リヨンに戻るとの事です。

一度戻るならなぜここに...寄り道に少し不満を漏らすチャラDに、ロケみつは旅番組であり「視聴者の皆さんに、ここに行ってみたい。と思ってもらえるような楽しい旅を伝えないと。」と良い事を言う早希ちゃん。

おお!良い事言うなぁ^^からの、オチは

早希「だから私、アメトーーク!に出られなくても良いんですよ。」

チャラD「w裏番組のアメトーーク!に出たいみたいな感情出すのやめて下さい。」

でしたw


その後もアメトーーク!に出たいな〜をちらつかせる発言を連発し、チャラDを慌てさせてて面白かったw

チャラD「これ、あなたの番組でしょう!」

早希「いえ、八光さんの番組です。」

と、もっともな事を言って冗談タイム終了wバス停意へ到着し、サン・ヴァリエへと向かう。


サン・ヴァリエに到着し、リヨン行きのチケットを券売機で購入。

「値段が同じや。多分コレや。」と無事に画面を操作し、お金を投入しようとすると…紙幣が使えず、支払いはコインorクレジットカードのみ

ヨーロッパでは防犯対策として、紙幣が使える券売機が少ないとの事です。そうなのか〜。知らないと、旅行中などで不意に困るシーンも出てきそうw

まさに早希ちゃんがそうなってましたが…><


チケット代の小銭がない、駅員さんに両替を→無人駅というパターン。

構内にいた男性に頑張って状況を説明すると、親切に話を聞いてくれますが小銭は持ってないとの事。

また、早希ちゃんがいるホームではなく反対側のホームがリヨン行きだと教えてくれます。

向かいのホームにも他のお客さんが数人いるのが見え、ひとまず向かう。電車は15分後、これを逃すと2時間待ち。


リヨン側にいた女性グループにも頑張って話をしてみるも、彼女達も小銭は持ってないとのこと。

お礼を言って別れようとすると、「あなたどこの人?日本?大阪?私、日本に住む友人がいるわ。ニシムラサトルっていうの。」

共通の話題で盛り上がるw

早希「私、ニシムラサトルさんの友人と会いましたよ〜^^」とカメラに向かって笑顔w


しかし、問題は解決せず。

時間も迫り、残すは奥にいた2人組の女性のみ。

つたない英語で頑張って状況を話すと、財布の中を見てくれる女性達。

おお!小銭を持っていました^^両替をしてくれました。

「わぁ!メルシー!ベリベリーメルシー!」と喜ぶ早希ちゃん。

親切な人達ばかりで、最後には両替もしてもらえる人を見つける事ができ、感激しながら券(13.1ユーロ=1680円)を買う早希ちゃん。


約1時間かけて午後7時50分リヨン到着。

時間もそこそこですが、一気にジュネーブまで向かう事に。26.7ユーロ(3340円)のチケットを購入。

チャラDに到着時刻を聞かれ、券をチェック。

早希「これがですね。なんと22時31分。」

ヨーロッパの夜は長いとはいえ、なかなかの深夜。


夜10時半、スイス第二の大都市ジュネーヴ到着。

スイス再び&栄えた街に興奮しつつ、宿探しへと。

早速見つけたホテル。空室と料金を尋ねて突撃!

空室あり!気になるお値段は、133.30ユーロ(17000円)。高いw

ってアレ???ユーロではなく133.30スイスフランだそうです。


ナレーションが言っていた致命的な忘れ物とは、スイスはEU加盟国ではないため通貨がユーロではなくスイスフランだと言う事。そういえばそうでしたw

ちなみに133.30スイスフランは約14000円


両替所は閉まっており、ユーロでも対応してくれるホテルはあるのか…

次のホテルを見つけるもすでに満室。更に次のホテルでは、空室はあるもののユーロが使えずスイスフランのみ。

ちなみに180スイスフラン(19000円)と物価の高さも改めて実感。


次は一階がバーになっていて、青紫にライトアップされたホテル?を発見w

宿泊の受付は奥だと教えてもらい、奥へと進むとそこは普通のホテル受付で良かったw

部屋も空いているし、109スイスフランと安い!決して安くはないけどスイスでこれなら安いよね?w

問題はユーロが使えるかですが…使える!

両替した方が良いけど、ユーロでも大丈夫ですと親切に教えてくれてるし良いホテルだ^^

109スイスフラン(11450円)→ユーロ換算で95ユーロ(11870円)の宿泊費を払い、無事に今夜の寝床を確保。


部屋へと移動。スイスの中では安宿のカテゴリー?と思ってましたが、思いのほか綺麗。むしろ良い部屋だったw浴室は大理石だったし。


翌日へ。旅は32日目

まず真っ先に向かったのは換金所。281.8ユーロをスイスフランに両替。

281.8ユーロ(36630円)→344スイスフラン(36120円)となりました。

換金後は朝のサイコロタイム!チャラDはかなーり1を出して欲しい様子で、ちょこちょこねちねちと横から口を挟んでますw

どうやら、日本では緊急会議が開かれて親玉Dは大分ご立腹だそうでw結果によっては、チャラDさん「日本に帰れない可能性がありますので…。

今後の事を考えると早希ちゃんは資金が欲しいところ、チャラDサイドはそろそろ1が欲しいところ…そんな思惑が交差する中、出た目は。

wwwなんと二日続けての6wチャラD撃沈!


チャラD「ちょっとこれマジでひどいなぁ。何これ〜…。やばいな、もうやだなぁ。

本当に深刻そうなチャラDのコメントに笑ってしまいましたwサイコロの出る目は操作しようがないのに、怒られるであろうチャラDさん不憫。

とにもかくも4700コメ×10倍の資金を獲得と言う事で、791スイスフラン(83000円)と大復活^^


いざツェルマットでパラグライダーか!?...ほくほくの桜 稲垣早希さん「…ジュネーブで、一カ所だけ行きたいところがあるんですよ^^」

本日も寄り道w

早希「ジョンクション。」青いローヌ川と茶色いアルヴ川が合流する地点にあるジョンクション橋が素敵ポイントだとか。

ガイドブックを見せてもらうと、チャラDもやや興奮気味「え、凄いすねぇ。合流しても川の色が変わらないんですか。合成写真みたいですねぇ。」

ホントに合成写真みたいwこれは見てみたい!


ジョンクション橋へ向かう途中で見た、レマン湖の真ん中から吹き出すジェドーの大噴水も凄かったw

高さ140メートルの噴水。迫力満点で、作られたのも100年も前とは。

街中の警備員?のおじさんにジョンクションをたずね、路面電車で行くと良いと教えてもらう。

路面電車で約5分。

早希「あ、川!川ありましたよ^^あれ…川一本ですね。あっちの方かな?」

合流地点を探し、下流の方へと足を進めるもそれらしき気配はなしw

不安になり、立ち話をしているスイス人の女性に尋ねると詳しく教えてもらえました。

この先にあること。電車用の橋だけど、そこからの眺めが最高よ。などなど細かいところまで話してくれる親切な方でした。


更に歩いて行くと、突如早希ちゃん絶句w

右側に見えているのが青いローヌ側。突如左側に出てきたのが茶色いアルヴ側。

てっきり合流地点がいきなりお出まししたのかと思いましたw

また、少し離れた前方には女性が言っていたと思われる橋が見えますが、早希ちゃんが歩いてきた道はちょうどV字に川に挟まれた先端で行き止まりのようですw

ここからでは肝心の合流地点が見れない。一度戻ってぐるっと回り道する事15分。


橋の近くに来たものの、橋へと繋がる道がない感じ。ひとまず橋をくぐり進んでみると、横に山道らしきものが登場。

話の感じだと、その電車用の橋は現役ではない様子。電車通るのに、橋のぼるのは危ないし何かアレですもんねw


この迷い込んだやや荒い山道、先週の予告で出てた森の中はここでしたかw

機材などなどを持つスタッフが大分やられててウケましたw

森を歩く事一時間、やっと舗装された道に出る。えっ、一時間もwww

案の定、辺りを見回しつつ歩く早希ちゃんでしたが

「あれ?あーー!橋、めっちゃ下にあるw」

木々の間から見える橋はかなり下。

チャラD「こんなに登ってきちゃってるじゃないですか!なんなんですか!

重労働で疲弊したと思われるチャラDが、割と本気で不満言ってて申し訳ないけど笑っちゃいましたw


舗装された坂を下る事15分、橋に到着。ちゃんと歩道がありましたw

橋の中央まで下を向き、いざ川の方を振り返ると…

おおw本当にまっ二つに別れた二色の川の合流地点が!

早希「おお!地球のヘンテコリンさにビックリです!見て下さい!」


なぜ混ざらないのか?解説がありましたが、理由は温度差のある液体同士は混ざりにくいという性質がある。でした。

暑い夏にはアイスコーヒーが飲みたくなりますが、氷たっぷりのアイスコーヒーの上部を見てみると透明部分がある。

そんな例え話しの解説分かりやすかったですw

ちなみに青いローヌ川は、氷河から溶け出し流れてきた水で水温は約15°、茶色いアルヴ川はモンブラン山の地面から流れ出た24°の温かい水との事です。


更に反対側も覗いてみると、やはり二色のまま。1キロに渡って二色だそうで凄い。

疲れてブーブー言ってたスタッフも、目の前の絶景に満足してて良かったですw


ジュネーブ駅へと戻ってくると、いよいよ次はツェルマットへと。移動費96.5スイスフラン(10000円)をかけて、3時間の行程を経ての電車移動。

途中乗り換え地点のフィスプ駅では、おじいさんに「君はアルプスの少女ハイジかい?」と声をかけられるw

そんな事もありつつ更に移動。移動中チラッと映されるスイスの景色は綺麗だったなぁ^^これぞ!って感じで、まさに世界の車窓よりで見るような綺麗な映像したw

途中で迎えたトルネードタイムでも×1を出し、好調を維持。今週はここまででした。



ヨーロッパ旅SP感想まとめ
久しぶりのヨーロッパ旅SPでワクワクでしたが、今週も面白かったです^^

券売機で紙幣が使えない事や、スイスは基本的にユーロ不可でスイスフランというのも為になりました。

カイエット&ラビオルは美味しいんだろうなぁw日本人のお口に合いそうですし。


ローヌ川とアルヴ川の合流地点はジュネーブを訊ねたら鉄板だと思います。ガイドブックの写真では綺麗にまっ二つで、早希ちゃんが見たのは少しもやもやっと流れ出てましたが、うっすらと底の方では一直線に線が浮かび上がってたので、タイミングが合えば見れるんだろうなぁ。

来週は予告で早希ちゃんがパラグライダーしてたので、これまたワクワクせずにはいられません^^

サイコロ連続6でしたし、6周年にふさわしい重なり具合です。1は出て欲しくないけどチャラDさんも大分深刻そうだし...次回も見どころが沢山ありそうで楽しみです。


長文最後まで呼んで頂きありがとうございました。


テーマ: お笑い/バラエティ 全般
ジャンル: テレビ・ラジオ

タグ: 稲垣早希 感想 ヨーロッパ旅SP ヨーロッパ旅 フランス スイス ジョンクション カイエット

コメント

No title

1時間があっという間で。終わる頃には「もうおわりかー」って感じでした。
超盛りだくさんでしたからねぇ。
カイエット&ラビオルのスペシャルメニューはほんと美味しそうでした。
駅での両替のエピソードも面白かったし、久しぶりの宿探しの苦労も見れました。ポンポポンもアメトークネタも早希ちゃんらしくて笑ってしまいます。ジョンクションでの山登りもなかなかのハイライトでした。
でも、今回は2日連続6の快挙ですよね。チャラDはやっぱり幸運を運んできたのでしょうか。チャラDにとっては不幸ですけど。この好対照のネタは面白いですね。親玉Pの影がちらついて、さらに発展しそうなネタですね。
来週はパラグライダー、一気にスイスの通過ポイント・クリアですね。

高木一優さん

やはりヨーロッパ旅のSPは良いですね。通過ポイントも目指しつつ、途中で良いチョイスのスポットに立ち寄るのも流石です。

今回の食事もナイスレポートでしたね。カイエット&ラビオルは食べてみたいメニューのひとつになりました。両替のエピソードはこれぞ旅!って感じのハプニングでしたね。

ジョンクションの山登りに2日連続6に、チャラD達スタッフも重労働と景色のご褒美ありつつ親玉Dの間に挟まれ盛りだくさんですね。

そのうちチャラDにもチャンスが訪れそうですが、せめてスイスを抜けるまでは余裕のある旅ができると良いです。

次回も絶景パラグライダーシーンが見れそうで楽しみです。
非公開コメント

サイコロボイスキーホルダー
「ロケみつ」公式ブログ企画各リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ロケみつDVD
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
タグ

稲垣早希 感想 ロケみつ ヨーロッパ旅 グイグイ大脇  ゆりやんレトリィバァ フランス なんナン ベルギー ズーイン スペイン ロケみつフライデー オランダ ポルトガル てつじ 二代目D 親玉D 風車 暇リサーチ モンセラット スイス ヤナギブソン パエリア 桂三度 ゆりあん モンサンミッシェル パリ パラグライダー 肉のフォンデュ アニメ カイエット クルネ オートリーブ シュヴァルの理想宮 ヨーロッパ旅SP ジョンクション リヨン ボーネ ツェルマット チョコ ゆりあんレトリィバァ 島田一の介 5/9 4/25 ドイツ 4/18 新潟 ブログ チーズ ロザン菅 フォアグラ ワッフル HYDE レトリィバァ ゆりやん 小薮 チャラD下痢 アローシュ シントラ 終了告知 最終回 ロケみつ最終回 リスボン 重大発表 資金ゲット エヴァ お椀割れる 番組終了 ニコラさん 感動 エジソン高木 24時間うどんを踏み続けたらコシはどうなるのか? えんぴつ1本でどれだけ書けるのか? ヒガシ逢ウサカ シンクロック木尾 フラワーズオブロマンス 鱒之介 宇都宮まき 八光 たわた 闘牛 ハマム 森岡浩 モンペリエ 名前なんナン ハリセンボン ノブ 千鳥ノブ カマルグ湿原 ブレスチキン ゴッホ えんぴつ消しゴム フラミンゴ 浅越 バルセロナ  バレンシア エスカルゴ セビーリャ 通過ポイントクリアー ナルシスさん サグラダファミリア マテ貝 テンダラー浜本 浜本 エビアン 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。